テグレトールの副作用

テグレトールの副作用

テグレトールは、脳の興奮を鎮める働きがある抗てんかん薬という性質上、

症例が少ない物までを含めると色々な副作用があります。


テグレトールに脱毛、または育毛の副作用はあるのでしょうか?
テグレトールが原因で毛が濃くなっていたりしたら嫌ですもんね。
毎日飲んでいるテグレトールですが、副作用を今一度調べてみました。

テグレトールの副作用

テグレトール

テグレトールの主な副作用を紹介します。

  • 眠気 13.8%
  • めまい 9.1%
  • ふらつき 8.5%
  • けん怠感 3.5%
  • 運動失調 3.5%
  • 脱力感 3.1%
  • 発疹 2.9%
  • 頭痛・頭重 2.7%
  • 立ちくらみ 2.5%
  • 口の渇き 2.1%

やはり、「眠気、めまい、ふらつき」の副作用や症状が突出して高いですね。

特に薬の飲み始めの頃や薬の量が変わった時などは症状が強く出やすいので、

日常生活の中でも注意が必要です。


飲み慣れている人でも「今日は体調悪いなー」なんていう時は、

普段は出ない症状が強くく出たりする時があります。

テグレトールの主な副作用としては上記のような症状がよく解説されます。

しかし、薬の副作用には0.1%未満や頻度不明の症例も沢山あることをご存知ですか?
「1000人に1人の確率で起こる症例の少ない副作用」もあるわけですね。

もしそれが自分だったら…。

テグレトールの症例の少ない副作用

  • 血管浮腫や麻疹様発疹などの過敏症
  • 皮膚の色素沈着
  • 関節痛
  • 血尿、蛋白尿、頻尿
  • 便秘
  • 腹痛
  • 口内炎
  • 体重増加
  • 発熱

0.1%程度や頻度不明程度のテグレトールの副作用を含めると、

本当に身近な症状も色々起こる可能性があることが分かって今更ながら少し驚きました。

そして、遂に毛に関する副作用を見つけてしまいました。

テグレトールの症例の少ない副作用【脱毛】

「頻度不明」なので限りなく症例としては少ないながらも、

テグレトールには脱毛の副作用も起こり得ることが分かりました。


ただ、「起こり得る」ということなので限りなく確率は低く、

実際にテグレトールによる脱毛に悩んでいるという話は私も聞いたことがありません。


逆に、毛が濃くなったり、育毛が促進されるような副作用は見つけられませんでした。

 

余談ですが、写真にある百均で手に入る缶はとても便利なのでおすすめです。

缶なので直射日光が防げるのはもちろん、ローラーの密閉式タイプなので衛生面的にも薬の保存にもピッタリ!テグレトール1シートがちょうどイイ感じに入る横幅なんです。


page top